toggle
2020-01-26

スペースを感じる

最近クラニオを行っている時の感覚は

スペースを感じるということを行っています。

身体の中というのは

色々な組織、細胞などがぎっしり詰まっているのですが

実際はどの部位にも動けるためのスペースだったり、栄養が届くためのスペースだったりがあります。

そのスペースというのが身体にとっては重要になります。

極端にいうとそのスペースがなくなってしまうと何かしらの症状が起きてきます。

頭で起きると片頭痛だったり

肩で起きると肩こりだったり

足の冷え性であったり

便秘であったり

別な言い方では『滞る』ともいえることですが

そういった組織間のくっつきに対してはクラニオがベストだなとよく感じています。

ちなみに滞るの場合はボディーワークがベストで自分で動いていくと

あっという間に滞りは解消されてきます。

話戻ってクラニオでは

ふわっと身体を触っています。

すると中から組織の液が動いてくるのを感じ

さらにはスペースが出来てくるのを感じます。

そうしていると症状も変化してきます。

人によって速度の差はありますが、その場で変わる方も

数日かけて変わる方もいます。

といっても私が何かをしているというより

身体が持っている本来の力が動きやすい状態に手伝うような感覚です。

身体の持っている叡智ってやはりすごいです♪

メニューには加えていませんが

クラニオだけのセッションも継続して行っています。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です